生きる勇気 病に立ち向かう勇気

生きる勇気 病に立ち向かう勇気を持っていますか?

大きくなるっていうことは、

ようふくがちいさくなるってこと

まえより たかいところにのぼれるってこと

たかいところから とびおりられるってこと

とびおりても だいじょうぶかどうか かんがえられるってことも おおきくなるってこと  

     文  中川 ひろたか さん

子供に読みきかせる絵本として人気のある一冊のワンフレーズです。大人でも共感できる私も大好きな絵本です。読み終わって、その先は・・・?と思ったりします。

飛び降りても大丈夫かどうか考えて、ムリかな・・・と思ってもやってみる勇気を持つことが大切です。ムリだと思ってやめてしまったら、そこまでだけれど・・・

できないかもしれないけれど・・・ムリかもしれないけれど・・・

勇気を出してジャンプして欲しいと思います。ジャンプして、もしも失敗してしまったら またそこから二本の脚で立ち上がればいいのです。時には、すぐに立ち上がらなくてもいいのです。少し休んで立ち上がれたら、二本の脚は前よりもずっと強く太くなっているはずです。

 

大人である私達は失敗しそうなことは、最初からしないであきらめてしまったり 考えすぎて結局面倒になってしまったりで、自分の勇気を出すことを忘れてしまいがちです。大きくなるっていうことは、慎重にもなるっていうことなのかもしれないけれど、いくつになっても勇気は忘れないで持っていて欲しいと思います。

最初からムリなことなんて一つもないっていう勇気を。

生きる勇気は 病の回復を導きます。

生きたいと強く思うことで、免疫力を上げることが出来、癌細胞でさえも消えてなくなることがあります。

 生きる勇気  あきらめない勇気  ずっと持ち続けて下さい。

耳鳴り専門治療院
耳鳴りの相談はこちらから

耳鳴りでお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください!