敏感と過敏

私の耳鳴り時代の話です。。

耳鳴りに振り回されなくなったとき、自分の足に敏感になっていました。と
最近、患者さまによくお話することがあります。

その前といえば、、

音の大きさやなっている音の種類に私自身振り回され、疲れていました。また、朝はうるさいけど
昼間は静か。。と思いきや今日は全く逆だったりで。

1日ならなかったから、治ったかと思いきや夜中に爆音で飛び起きたりで。
セルフケアしてるのに、どうして悪化するの?
なんて、悩んだり。

しっていますか?
ゴミが移動しているから、耳鳴りの音が変化するんですよ。

排水溝が詰まったままだったのが、流れはじめたから
音が変化するんですよ。

耳鳴りの音が大きいとき、私は足の甲や親指の付け根がズキズキと痛くなっていました。
そこに集中してローラーをかけました。
反射区でいうと、胸部と首周辺ですがそこが流れるイメージで足にローラーをかけました。

まさに私のポイントは、胸部、首周辺、右の腎臓だったので
なんどもそこに渋滞しました。
その度にローラーを集中してかけました。

ローラーをかけて、足を敏感にしておくと、足がちゃんと教えてくれるんです。

耳鳴りの音に過敏に反応して、悩んで縮こまって動けないでいるよりも
自分の足に敏感になって、足が教えてくれることを
受け止めていると楽でした。

懐かしい耳鳴り時代の話でした。

足ってやっぱり偉大です。
自分の土台ですから。。

そして、ローラーは家宝です。 笑

耳鳴り専門治療院
耳鳴りの相談はこちらから

耳鳴りでお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください!